総量規制とは?

総量規制とは原則として年収の3分の1までしか借入ができないという規制です。たくさん借金をしてしまってカード破産などに陥らないために貸金業法によって定められています。

ただし、総量規制の対象となるのは「個人向けの貸付」と呼ばれるものだけで、事業向けの貸付や保証ありの個人融資は対象外となります。また以下のような例外規定もあるので確認しておきましょう。

・配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
・不動産購入や改良のための貸付け
・担保貸付け(自動車、不動産、有価証券など)
・高額療養費や緊急の医療費の貸付け
・手形(融通手形を除く)の割引
・金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
・貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介
・個人事業者に対する貸付け
・顧客に一方的有利となる借換え

以上のような場合が例外、除外のケースですが、特に注目したいのが「配偶者の年収と併せた場合」「顧客に一方的有利となる借換え」の場合です。

たとえば奥さんがパートで100万円の年収がある場合、旦那さんの年収と併せて世帯収入が400万円になったとします。そうすると400万円の3分の1である120万円まで借りられることになります。家のリフォームや葬儀代など必要な出費に対して奥さんが働いていることで融資額も増えるわけです。

もう1つのケースはいわゆる「借り換えローン」の場合です。金利18%のところで借りている200万円を、金利15%のところで借り換える場合、年収が500万円であっても総量規制の対象例外となります。これは「おまとめローン」の場合も同様で、転職などで年収が減ってしまったケースでも有利にお金を借り換えできることもあるので確認しておきましょう。

参考サイト → 総量規制とは

審査に通過するポイントは?

カードローンやキャッシングで審査に通るポイントとして、まず現在の借入状況を見直す必要があります。
例えば住宅ローンで残債が1000万円ある場合、クレジットカードのキャッシング枠があるものを複数持っている場合、
このようなケースがあるとすでに借金していることと捉えられてしまいます。
もちろん、年収が高かったり安定した職業に就いていて毎月の返済が滞りなく行っていれば信用情報にも丸印が付くので問題ありません。

反対にどこからも借金をしたことがなくて、信用情報に何の履歴もない人もいます。
このような人はスーパーホワイトと呼ばれており、今まで一度も返済したことが無い人よりも審査が通りにくいです。
なので、簡単で低額のクレジットカードで買い物をしたり、キャッシング枠を利用したりして一度でも返済履歴があるようにすることが大事です。
また、毎月のお金の出し入れが年収に比べて異常であったり、返済する見込みがあっても事業用として使うことをNGとしているカードローンもあるので注意が必要です。
もちろん返済の滞りからブラックに指定されるとキャッシングやショッピングをクレジットカードで申し込むことは厳しくなるでしょう。

審査に通過するために、年収が高くしたり、職業を正社員にすることはハードルが高いですが、
余計なクレジットカードを解約するだけでも審査に通りやすくなるのでこの方法がおすすめです。
また希望借入額によっても審査基準が異なります。例えば初回5~10万円程度にしておき、
何度か返済を繰り返して信用を重ねてから限度額を50~100万円に引き上げる方法もあります。
ただし借入額が増えると返済も大変になるので、しっかりとまず返済計画を立てることが大切です。

参考サイト → JICC 日本信用情報機構(指定信用情報機関)